<
>>トップページ
大日本帝国の証拠隠滅

  ポツダム宣言受諾の遅れ


            ポツダム宣言第10項には、「戦争犯罪者の戦争責任追及」が明記されていた。

10、 日本人を民族として奴隷化しまた日本国民を滅亡させようとするものではない。一切の戦争犯罪人は処罰されること。民主主義的傾向の復活を 強化すること。言論、宗教及び思想の自由並びに基本的人権の尊重は確立されること。

このため大日本帝国の中枢部は、ポツダム宣言を黙殺していた。自分達が裁かれる事を知っていたからでは無いか?・・・と言う説がある。一体、 軍と政府の首脳部は何を考えていたのだろうか?まさか「国体護持」のためだけに、降伏を遅らせ、多くの臣民を犠牲にしていた訳では無いだろう?

その間に東京などの大都市は灰塵と化し、やがて原爆が落ちたのである。
私の父親は、当時広島県内にいて、原爆が落ちた翌日市内に行ったと言う。つまり私も原爆2次被爆2世であると言えるのだが、ポツダム宣言から大日本 帝国が受諾するまでの空白の期間がいつも疑問だった。すでに戦況は著しく悪化し、まるで勝てる見込みは無かったのに降伏しないまま被害は増大し続けていた。

当時の一般庶民は、「鬼畜米英」とか「日本が危うくなると神風が吹く」とか言う国家神道の教義を信じていた人もいたが、中には醒めた眼で戦局を見て 日本の敗北を理解していた者もいたのである。国家の指導者達がまさか、「鬼畜米英」とか「日本が危うくなると神風が吹く」とか、その手の盲目的神話 を信じていたわけではあるまい━とは思うが確信は無い。『教育勅語』に基づき、小学校からの神話教育が続いて3世代を経ている。その結果、何割かの 日本人は「鬼畜米英」とか「日本が危うくなると神風が吹く」と言う妄説をまともに信じていたからである。早稲田大学名誉教授の加藤諦三氏は、子供の 頃は「皇居の上を敵機が飛ぶと英霊により墜落する」と聞かされていたが、落ちないのを見て不思議だったと言う。戦後60年を経てからさえ、政治家の 「日本は神の国(神々の国の意味)」発言が飛び出す国だ。何を信じているか、なんて分かったものでは無い。

しかし、それはともかく”自己保身”のために彼らは、不利な証拠の「証拠隠滅」を行ったのである。


           証拠隠滅

さて、ポツダム宣言を受諾した後、大日本帝国は植民地や日本軍の全部隊に証拠書類の焼却処分を指示したのである。

戦犯裁判の証拠にされるのを恐れた日本政府とくに陸海軍は、終戦の日から「公文書は破棄すべからず」との連合軍指令が届くまでの数日間 に多量の機密文書を焼却、そのため霞ヶ関の空は暗くなったと言われる。
『昭和史の謎を追う[下]』 秦郁彦 著 P140


また当時の内務省財政課事務官(課長)だった 奥野誠亮  氏もこう述べている。

 「公文書は焼却するとかといった事柄が決定となり、これらの趣旨を陸軍は陸軍の系統を通して下部に通達する、海軍は海軍の系統を通して下部に通達する、 内政関係は地方総監、府県知事、市町村長の系統で通知するということになりました。」

「15日以降は、いつ米軍が上陸してくるかもしれないので、その際にそういう文書を見られてもまづいから、1部は文書に記載しておくがその他は口頭連絡に しようという事で、小林(与三次)さんと原文兵衛さん、三輪良雄さん、それに私の4人が、地域を分担して出かけたのです。」

(自治大学校史料編集室編 『山崎内務大臣時代を語る座談会』 より)



この 奥野誠亮 氏は「慰安婦問題」で、「証拠があるなら出せ」と言っていたが、いやはや何とも言いようの無い人である。証拠を隠滅したから、 もう大丈夫だと思っている知能犯に似ている。

だが政府や軍の資料だけが、証拠ではない。目撃証言もあれば、元軍慰安婦達の証言もあるからだ。


              朝鮮総督府の証拠隠滅の現場

こうして通達を受けた朝鮮総督府は証拠を隠滅した

焼かれた大量の行政文書(証拠書類)

朝鮮総督府の臨時雇いであった長田かな子は、1945年8月15日、「玉音放送」を聞いた後、総督府の「中央ドーム真下」の部屋に戻って呆然としていた。 そこへ「本課から職員が来て、「燃やして燃やして」とせっかちにいう。気がつくと、庁舎の各階の窓からポンポンと書類を投げ下ろし、油をかけて焼却してい る。抜けるような青空に、無数の灰が粉雪のように舞った。黒い煙が太く立ちのぼった。誰も無言で、ただ機械的に書類を中庭に投げおろした」と記してい る。こうして敗戦の詔勅の放送と同時に、重要書類の焼却が始まった。

(長田かな子「45年8月15日」 『季刊三千里』1982年秋号より【日韓歴史共通教材】より 
   日韓交流の歴史 先史から現代まで



こうして大日本帝国政府と軍の証拠書類を、約8割は焼却したと言われている。

だが、 「天網恢恢疎にして漏らさず」 

隠滅したからと言って、どうなるものでは無いだろうに・・・・。

 天の 眼を ごまかす事ができる とでも思っていたのだろうか?



<
>>トップページ
inserted by FC2 system